「防風通聖散」に含まれる生薬とダイエット効果

「防風通聖散」に含まれる生薬とダイエット効果

自然のエキスがいっぱい!生漢煎「防風通聖散」に含まれる生薬の種類とダイエット効果

生漢煎の防風通聖散には18種類の生薬が配合されていますが、構成は非常に複雑です。
便通と代謝を良くしたり、余計な熱を下げるための原料も含まれ、ダイエットの効果も相乗的に働きます。

 

まず防風通聖散とは

防風通聖散は複数のメーカーから販売されています。
この防風通聖散という名前を聞いたことがないという人は少なくないかもしれません。また、薬局などで見かけたことはあっても、なんと読むのか、また、どのような効果があるのかについては分からないという人も多いことでしょう。
防風通聖散と同じ内容のものであっても、違う名前で販売されているケースもあります。

 

 

防風通聖散の18種類の生薬の構成

 

生漢煎の防風通聖散には、18種類の生薬が配合されていますから、ダイエットの効果は複合的に働きます。満量処方の構成ですから、分量が十分にあり、ダイエットの効果も高くなるように配慮されています。

 

大黄は将軍の別名で知られ、便通を良くする働きがあります。女性にうれしい原料としては、トウキとシャクヤクが含まれていますが、不足している血液を補う作用があり、漢方の補血薬を代表する存在です。

 

麻黄は葛根湯にも含まれるもので、発汗の作用によって、体にたまった水分を除去するために重要です。麻黄と一緒に配合されている生姜にも発汗作用がありますが、蒸して乾燥させた乾姜よりは効き目が穏やかで、胃腸の調子を良くする働きもあります。ビャクジュツという生薬には補気健脾の作用がありますが、分かりやすく言い換えれば、元気を与えて胃腸の調子も整えることを意味します。防風通聖散には生姜とビャクジュツが同時に配合されていますから、体を温めて血流を良くしながら、胃腸も元気にさせる力が加わります。

 

サンシシとレンギョウは利尿も促進してくれますから、代謝をアップさせたい人に向いています。ハッカはハーブでお馴染みですが、漢方では辛涼性の発汗作用があるとされ、気の巡りを良くするためにも使われてきました。ハマボウフウも含まれていますが、この生薬には解熱の作用があるのが特徴です。

 

その他の植物原料としては、センキュウ、キキョウ、ケイガイ、カンゾウも使われています。生漢煎の鉱物由来の原料として使われるカッセキとセッコウは、防風通聖散の構成では珍しい存在です。カッセキとセッコウは体の熱を強く冷まして、熱感のある症状を和らげるために働く性質を持っています。

 

防風通聖散がダイエットに有効な理由

 

防風通聖散がダイエットに効果的なのは、漢方的な仕組みを知れば、誰でも納得できる事実です。生漢煎の構成を大きく見ると、清熱効果をもたらす一群に加えて、代謝や利尿を促進させる種類があることも判明します。

 

大黄は便通を強く促進して、体にたまっている老廃物を除去する働きしてくれますが、生姜と麻黄の発汗作用の助けも受けて強力になります。便通と発汗を促すことになれば、体から余計にエネルギーが失われることになりますから、胃腸を潤すためのビャクジュツも配合されています。カンゾウには全体の生薬の効き目を緩和させる働きがあり、多くの漢方薬に配合されています。

 

熱感のある便秘に対して、セッコウとカッセキの解熱作用は有効に働いて、代謝のバランスも整えてくれます。トウキとシャクヤクは、補血剤としての役割を担うだけでなく、引き締めや止痛などの効き目も発揮します。この2つの組み合わせは、女性にとっては特に役立つものです。

 

生漢煎の構成は、便秘や肥満が影響して発生した問題に対して、漢方的な穏やかな効き目で効果を発揮するのが特徴です。漢方の分類では、生薬を温熱性や寒涼性に分けて、体に与える影響を注視します。防風通聖散の構成を見ると、温性の生姜や麻黄がある一方で、強い寒性になるセッコウやカッセキも含まれているのですから、絶妙な調和になっていることが分かります。

 

補うためのシャクヤクやトウキがあれば、老廃物を除去するための大黄や麻黄も含まれますから、デトックスには潤いの作用も働くことになります。太っている人は、体に余計な脂肪や水分を貯めこみ過ぎているのですが、防風通聖散を使うことによって、このような問題を多角的に解決できるわけです。

 

参考⇒防風通聖散の効果体験レビュー

ホーム RSS購読